古くは慶長年間、近郷村々の用水溜井に利用されていました。紀州の鷹場ともなりました。その後、新田開発も行われています。
 現在では、学術調査も行われ、動植物など自然の豊かな様子が報告されています。




 『深作多目的遊水池』の一部が、遊具や広場のある公園になっています。遊水池の名の通り堤が整えられていますが、その上は道路として利用されています。その間にあるのが『8の字公園』で、その外観から子どもたちが親しみを込めてそう呼んでいます。