春野小学校 校歌

作詞していただいた大木実先生によりますと、1番の歌詞には「思いやりのある子」(あたたかさ)、2番の歌詞には「がんばり強い子」(たくましさ)、3番の歌詞には「自ら進んで学ぶ子」(自主性)をそれぞれイメージし、子どもたちの未来への希望がこめられているということです。
春野小の児童はもちろんのこと、保護者の皆様からも、「元気の出る校歌」ということで親しまれ歌われています。

児童会の歌

本校の開校当時、児童が中心になり歌詞を募集するなどして、「みんなが親しんで歌える歌をみんなで作ろう」という考えをもとにこの歌を作りました。
作曲は、校歌の作曲と同じ橋本先生にお願いしたところ快く承知していただき、児童たちで作った歌詞に命を吹き込んでいただきました。今では児童集会の時を中心に、楽しく口ずさんでいます。

マコトくんへの手紙

本校の児童が社会科の授業で「昔のもの調べ」をしているときに、あるグループが春野1丁目のバス停近くにある石碑に注目し、調べることになりました。
そこには、自分たちにぴったりと合う詩が書かれていたのです。その謂われを調べているうちに、その詩は、アーバンのまち開きを記念して全国公募で寄せられたものであるということがわかったのです。しかも、それに曲をつけて歌にもなっていました。
その後、楽譜とテープを探し出すこともでき、全校で歌い継がれるようになったのでした。